2014年07月05日

【本】海野十三「赤道南下」

「赤道南下」 海野十三/中公文庫/2003年
(初版は、1942年に大日本雄辯會講談社から刊行)

 戦前の流行作家である著者が、太平洋戦争開戦前後に海軍報道班員として召集を受け、重巡洋艦「青葉」に乗り組んで南方攻略作戦に参加した際の従軍記。

 日本のSF作家のはしりとして知られる海野十三の、「日本海軍体験記」のような趣の作品である。著者が「青葉」に乗り組んだのが太平洋戦争緒戦の昭和17年1月〜4月だったためか、作中に描かれる作戦の様子も極めて順調であり、乗組員たちも戦勝の希望に満ちあふれている。著者も、海軍将兵の旺盛な士気や練度の高さを素朴に褒めたたえ、彼らの勝利を無邪気に確信している。読んでいて愉快になる本である。

 しかし、日本海軍優勢の時期も長くは続かなかった。著者退艦後の昭和17年10月に行われたサボ島沖海戦では、「青葉」は艦橋に直撃弾を浴び、本書に登場する謹厳な司令官・五藤存知少将や、温厚な副長・中村謙治中佐をはじめとした多くの将兵が戦死している。その後も「青葉」は、撃沈寸前の大被害を何度も蒙り、最後は呉軍港に大破着底して終戦を迎えたのだった。

 ところで著者は、「青葉」乗艦当時に見聞した小戦闘に関する大本営発表を、以下のように批評している。

「私は一読失望を感じた。それは大本営の発表が、私共の知っているあの日の戦況報告に較べて甚だ内輪に報道されてあったからだ。あのときわが航空部隊は、もっと大きな戦果を挙げた筈である。これでは死闘した勇士たちにどうも気の毒だ。つまりこの大本営発表は(非常に点がからい)という印象を受け取った。
 (中略)だが、一歩退って考えると、わが大本営の発表は常に斯くの如く辛い採点をして、正確を期していることがよく分かった。あの輝かしい大本営発表の大戦果も、内輪に見積もった発表だとすると、実際の戦果は更に一段も二段も輝かしい成果を収めていることとなる。私たちは、本当はもっとその大戦果にびっくりしていいのだという結論が生まれる。世界中に、一体どこの国がこのような謙譲な軍事発表をやっているだろうか。これは只一つ日本海軍だけだ」

 このときから3か月後に発生したミッドウェー海戦では、大本営は、日本海軍の空母の損失を1隻と発表した。今日の眼で見れば、著者の純粋さが少々気の毒に映る。

posted by A at 23:51| 本(戦記) | 更新情報をチェックする