2011年05月15日

【本】島田覚夫「私は魔境に生きた」

「私は魔境に生きた 終戦も知らずニューギニアの山奥で原始生活十年」 島田覚夫/光人社NF文庫/2002年
(初版は、1986年にヒューマンドキュメント社から刊行)

 昭和19年から10年以上にわたって、ニューギニアの密林の中でサバイバル生活を生き抜き、ついに昭和30年に帰国を果たした日本兵たちの生存闘争記録。

 昭和19年4月。東部ニューギニア戦線で劣勢に苦しむ日本陸軍の第18軍は、西部ニューギニアに展開する第2軍との合流を目指し、部隊を西方に転進させ始めていた。そんな中で、いわゆる「蛙飛び作戦」を採用した米軍は、4月22日、第18軍の後方基地であったニューギニア中部のアイタペとホーランジアに同時上陸し、両地の日本軍守備隊を一蹴する。

 それでも、アイタペの日本軍守備隊は東の第18軍へ、ホーランジアの守備隊は西の第2軍へ合流すべく撤退することができたが、悲惨を極めたのは、たまたまアイタペとホーランジアの間を西に向けて転進中の部隊だった。「サンドイッチ部隊」と呼ばれるこれらの部隊は、東西を米軍に挟まれ、北を海に遮られ、十分な食料も武器もないままジャングルの中を彷徨い続ける運命となる。その結果、戦史叢書によれば、約2500名いた「サンドイッチ部隊」の死亡率は、実に99.9%に上ったという。

 本書は、この「サンドイッチ部隊」に含まれる著者たちが、密林の中で厳しい自活を続け、ついに生還を遂げるまでの模様を詳しく描いたノンフィクションである。昭和19年6月、17名で「籠城生活」を始めた著者たちは、敵軍の襲撃や悪疫などで次々に同志を失いつつも、ジャングルの奥深くでどうにか農園の開拓に成功し、日本軍の再来攻を信じながら辛うじて露命をつないでいく。昭和26年頃には、原住民に自らの所在を知られてしまうが、彼らを口止めしながら隠棲を続け、ついに昭和29年9月、生き残った4名が現地官憲に救出されるのである。

 それにしても、彼らの生存闘争は大きな運にも恵まれていたのだと思う。まず、近くに日本軍の物資集積所があり、数年分の食料や農器具などを調達することができたこと。昭和20年5月の敵襲を除き、彼らの隠れ家が敵に発見されることはなかったこと。苦心して開墾した土地で、農作物が無事に実を結んだこと。乾パンの袋などから衣料の代用品を作ることができ、これでマラリアの悪寒に対処できたこと。貯蔵していた塩が欠乏した頃、原住民との交流が生まれ、彼らから必要な物資を得られるようになったことなど、どれ一つ欠けても、著者らが生命を維持することは不可能だったに違いない。

 また、著者らが生き延びたことについては、食料の徹底平等分配主義など著者のリーダーシップが適切で、メンバー間の団結が保たれたことや、彼ら自身の創意工夫や多大な努力があったことも不可欠の要因として挙げられる。著者は、昭和19年末頃の「サンドイッチ部隊」の状況について、「当時までは他にも相当数の日本兵がいることを集積所、あるいは巡邏道に残された形跡によって想像していたが、その後一年程の間には全くその形跡を絶ってしまった」と書いているが、結局のところ、ニューギニアの過酷な自然環境は、著者らのように運と能力に恵まれた者にしか、その生存を許さなかったのだろう。

 ところで、本書の中では、著者らと他部隊との間で発生した、とある食料争奪事件の模様が描かれている。すなわち、ある夜、著者らが夜闇に紛れて、敵軍の管理下にある食料集積所から物資を盗み出して物陰に隠した。そして、次の日の夜に回収に行ったところ、独立工兵隊の将校を名乗る者たちがこの物資を発見しており、著者に銃剣を突き付けてこれを強奪しようとした事件である。

 この、著者に銃剣を突き付けた、自称「独立工兵隊の将校」は、「ゆきゆきて、神軍」で知られる奥崎謙三上等兵である。戦後数十年を経て著者と奥崎が邂逅する経緯については、「土壇場における人間の研究 ニューギニア闇の戦跡」という本に詳しいが、ほぼ全員が戦没したとされる「サンドイッチ部隊」の奇跡的な生還者2名が、互いの存在を知らないまま、ニューギニア山中で起きた同じ事件についてそれぞれ自著で言及するということは、かなりの奇縁と言っていいように思われる。


(2016.2.11追記)
 「サンドイッチ部隊」については、別記事に詳しくまとめました。


posted by A at 11:16| 本(戦記) | 更新情報をチェックする