2009年08月07日

【本】丸山豊「月白の道」

「月白の道」 丸山豊/創言社/1970年
(新訂増補版(1987年)で読みました)

 太平洋戦争中、北ビルマのミイトキーナで戦い、辛くも生還した軍医による回想記。著者は戦後、医院を開業するとともに詩人としても活躍し、1991年、その業績を称えて、郷里久留米市が「丸山豊記念現代詩賞」を創設している。

 北ビルマ・雲南戦線における過酷な戦場の一つ、ミイトキーナで、第56師団(龍(たつ)兵団)の歩兵団長である水上源蔵少将の側近として戦った軍医中尉の戦記である。戦後、現代詩人として高い評価を得た人物による記録であるためか、どことなく叙情的で幻想的な雰囲気を持つ作品であり、そうした作風が、ある意味では戦いの凄惨さをより一層際立たせている。

 太平洋戦争開戦後、著者の属する坂口支隊(坂口静夫少将指揮)はミンダナオ、ボルネオ、ジャワ上陸戦に勝利し、その後、龍兵団本体に再合流して北ビルマの戦いに参加する。昭和19年、第18師団(菊兵団)歩兵第114連隊が守る交通の要衝、ミイトキーナが連合軍の攻勢を受け、危殆に瀕したことから、坂口少将の後任、水上少将に救援命令が下る。もっとも、同時期に進行していたインパール作戦のあおりを受けてビルマ戦線はどこも兵力不足に陥っており、水上少将が率いた増援部隊も、僅かに歩兵1個小隊他の小部隊だった。

 水上少将がミイトキーナに着任した後も、連合軍は圧倒的な兵力で攻撃を続け、日本軍守備隊は次第に全滅の危機に近づく。既に軍からは「水上少将はミイトキーナを死守すべし」(=現地を死ぬまで守り、生きて撤退することは許さない、の意)との命令が発せられていたが、まだ生存している部下を救うため、水上少将は退却命令を下して自決する。著者は、少将自決直後の模様を次のように描いている。

「起案用紙がぬれていなかったところをみると、そのときはもう雨がやんでいたのかもしれない。用紙には鉛筆がきで命令がしたためられ、書判をおしておられた。
 ミイトキーナ守備隊ノ残存シアル将兵ハ南方ヘ転進ヲ命ズ。
 伝令がはしって高級副官も次級副官もかけつけた。水上閣下のこの絶筆は、二階級特進も軍神の名もなげうって、いさぎよい抗命のかたちで、まだ生きのこっている私たち約七百名の延命を策されたものである。
 堀江屋副官が、連隊本部へ閣下の死を報告にいったあいだ、執行大尉は閣下の魂のない体をだきかかえ、私は微弱な心音を無意味にきいていた。(以下略)」

 苛烈な戦場で部下をいたわり、わずかな食料や煙草も部下に分かち与え、菊兵団の将兵でさえ「閣下に一目お目にかかってから死にたい」とわざわざ挨拶に来る者が絶えないほど、水上少将の徳性はミイトキーナに響いていたという。本書の冒頭で著者は言う。

「私たちはおたがいに心の虫歯をもっていたほうがよい。ズキズキと虫歯がいたむたびに、心のおくの一番大切なところが目ざめてくる。でないと、忘却というあの便利な力をかりて、微温的なその日ぐらしのなかに、ともすれば安住してしまうのだ。さえざえとした一生を生きぬくには、ときどき猛烈な痛みを呼びこむ必要がある。」

 著者にとっての大きな「心の虫歯」は、敬慕する将軍を悲惨な戦場で失ってしまったこと、それをどうすることもできなかったことへの、強い心の痛みであったに違いない。

posted by A at 21:07| 本(戦記) | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

【本】後藤正治「人物ノンフィクションU 表現者の航跡」

「人物ノンフィクションU 表現者の航跡」 後藤正治/岩波現代文庫/2009年

 作家やアーティストなどの「表現者」たちが現在の地位を獲得するまでの、下積みの時代、背景、活動の舞台裏などを追ったノンフィクション。取り上げられる人物は、オノ・ヨーコ、北方謙三、国谷裕子、皇太子徳仁、内田樹、高樹のぶ子、森毅の7名。それぞれ、過去に「AERA」「文藝春秋」に掲載された記事を、大幅に加筆・修正したもの。

 いずれも個性的で、よく考えると当人自身はあまり取材の対象になってこなかった人々に焦点を当てたノンフィクションである。特に皇太子に関する一編は、7人中唯一本人へのインタビューは行えていないが、実に丹念に周辺への取材を行い、ともすれば厚いベールの陰に隠されがちな皇太子個人の実像を明らかにした秀作と言える。

 どの人物もそれぞれ魅力に富み、読んでいて興味を惹かれるが、ここでは国谷裕子について詳しく取り上げてみる。1993年以降、長きにわたってNHK「クローズアップ現代」のキャスターを務める彼女だが、そこに至る経過は決して平坦なものではなかった。銀行員の子女として生まれた彼女は、父の転勤に伴って日米各地を転々とし、文化的な摩擦も経験しながら、最後は米国東部の名門ブラウン大学を卒業する。卒業論文は「広田弘毅時代の日米関係」。長く海外で育ちながら、常に前に出てものを言う型ではない「日本人タイプ」の人間であり、また、目の前にあるものを器用に処理して前に進むことは苦手な、「深いところでの不器用さ」を自分自身に感じていたという。

 大学卒業後、仕事をしたり、「自分探し」の一人旅をしたり、弁護士の夫と結婚して主婦業に専念したりした時期を経た後、かつて英語放送の仕事に携わったことのあったNHKから声が掛かり、三十歳で黎明期のNHK衛星放送のキャスターを始める。その後、挫折や下積みの経験を経て、93年4月、36歳で「クローズアップ現代」のキャスターに抜擢される。以後、山のような資料の読み込み、スタッフとの議論、多数の著名人へのインタビューなどの膨大な努力を積み重ねて、さまざまなテーマに切り込む「クローズアップ現代」は現在に至るまで続く長寿番組となった。

 そんな国谷について、著者は言う。「小さな変化はありつつも、一日一日、身を削るように生きてきた。プロの仕事人は疲れを自覚しつつ、また一歩、高みへ登り詰めていかんとする存在であるとするなら、彼女もまたそのような人である」。ノンフィクションの名手である著者は、今作でも、それぞれの取材対象を鋭く、そして温かい目で見つめている。

posted by A at 00:01| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

【本】佐橋滋「異色官僚」

「異色官僚」 佐橋滋/ダイヤモンド社/1967年
(現代教養文庫版(1994年)で読みました)

 元通産省事務次官の回顧録。著者は、小説「官僚たちの夏」(城山三郎)の主人公、風越信吾のモデルとなった人物。

 戦後の混乱期を抜け、日本経済が力強く成長していく過程において、さまざまな課題に豪腕を振るった通産官僚の自伝である。紙や綿の統制撤廃、石炭局や重工業局、企業局で生じる問題などを、自ら率先して次々に片付けていく様子からは、著者は非常に仕事のできる人だという印象を受ける。荒削りで野太い文章も、著者の開放的な人柄を表しているようで、読んでいて爽快な本だ。

 しかし、経済成長が軌道に乗って産業規制の意義が次第に薄れ、また著者自身の役職が上がるにつれて、いくつかの影が著者を覆うようになる。「官僚たちの夏」では、著者たちが取り組んだ特定産業振興臨時措置法(小説中では指定産業振興法)をめぐる経過が劇的に記されているが、その後の日本経済の発展を見れば、これがぜひ必要な法律であったかと問われると、疑問符を付ける向きもあるようである。通産省が各種の規制権限を失っていく中で、この法律により自らの存在感を高めようとした側面もあったのではないか。

 また、人事に関しても、著者は文中で「僕は人間というものに非常に興味を持っている」と語り、学生の採用の要諦などを述べている。しかし、アクの強い著者による専断的な人事の結果、大きな派閥対立が生じ、平成の「4人組事件」までその影響を引きずってしまったことは、通産省にとっても大きな損失だったと言えるだろう。戦後経済の混乱という一種の「乱世」において大いに必要とされた著者の腕力や個性も、社会が平時に移り変わるにつれて、次第に負の面が目立つようになったのではないだろうか。

 ところで著者は、本書の冒頭4分の1(文庫本で約70ページ弱)を、幼少期から軍隊の務めを終えるまでの期間の記述に充てている。腕白な子供時代、東海中学・八高での個性的な学生時代、「優取り戦術」に知能を発揮した帝大時代、「前畑ガンバレ」で有名な前畑(兵藤)秀子の夫君・兵藤正彦軍医と組んで中支戦線で活躍した軍隊時代など、人間としての佐橋滋を最も濃厚に描写しているのは、むしろこの時代の内容かもしれない。努力家で率直で、そして理不尽な事柄に対する反抗心を忘れない著者の魅力を、余すところなく伝えている。

posted by A at 20:01| 本(ノンフィクション) | 更新情報をチェックする